出演Artist (五十音順) Waoyaに御出演いただいたArtistをご紹介。

    あおやぎとしひろ With くみこ(あおやぎとしひろ うぃず くみこ)

    あおやぎとしひろ With くみこ
    • ・あおやぎとしひろ
      1966年生まれ、大阪出身。ソロ活動を経て、1989年、AOYAGI楽団、1991年暮れ、チープ・チーパーズを結成。現在は関東を中心にソロ活動中。高田渡、シバ、等のバックを務める。
      『MILK TUNE』(1991)『もうずっと昔あの日の出来事みたいだ』(2003)をリリースしている。
      ・くみこ
      神戸出身。あおやぎとのデュオを経てAOYAGI楽団チーパーズに参加。高田渡、シバ、バンバンバザール、須藤もん等のバックを務める。1997年の武蔵野タンポポ団復活に参加。1999年にきよみとくみこを結成。『きよみとくみこ』(2002)をリリースしている。
    • URL : あおやぎとしひろとくみこ Homepage

    ambercaju(あんばーけーじゅ)

    ambercaju
    • Vocalのmihoと数多くのアーティストをプロデュースしてきた杉内信介からなる沖縄音楽をベースに したユニット。 日本ではトンボは古来、秋津(アキツ、アキヅ)と呼ばれ、親しまれてきたり、古くは日本自体を 秋津島(あきつしま)とする異名もあった。 これは神話において、神武天皇が国土を一望して蜻蛉のようだと言ったことから、「蜻蛉島(あきづしま)」 とも言われていた。 沖縄では現在もトンボのことを方言で「アーケージュ」と呼んでおり、トンボは勝ち虫とよばれ縁起物であり、前にしか進まず退かないところから「不転退」の象徴とされている。 沖縄の朝、夕の絶景の空の色「Amber(琥珀色)」と、自分達の進む道を決して退かない意志の象徴となる トンボを掛けあわせてAmbercajuとした。
    • URL : http://www.ambercaju.com/index.html

    一番星哲也 (いちばんぼしてつや)

    一番星哲也
    • 1994年、地元京都で活動していた伝説のお笑いロックバンド「NOISE FACTOR(ノイズファクトリー)」がデビューすることにより上京。 バンドではベース&コーラス&リーダーと、ネタ担当。そしてメディアへの広報部長をも兼任していた。 1997年12月、NOISE FACTOR解散後、一番星哲也ソロとして、また「魚の目研究所」「都山水」「大里ヨシユキと安全╋第一」「シグナルズ」など自身のバンド活動のほか、ノブ&フッキー、篠原ともえ(しのランドPUNK)、清水健太郎、新田純一、森川美穂、大至伸行、緒方恵美などのサポートメンバーや、スタジオレコーディグ、作詩・作曲、アレンジャー、音楽プロデューサー、CMソング制作、イベント司会、婚礼司会、DJ、リングアナ、役者・・・等々、幅広く現在も活動中。
    • URL : 株式会社トータスクリエイション 一番星哲也の部屋

    伊東和哉(いとうかずや)

    伊東和哉
    • 福島県出身のアーティスト。年間200回におよぶ全国各地でのライブを通して磨きがかかった深いボーカルと様々なジャンルの音楽を取り入れたギターテクニックが魅力。
    • URL : 伊東和哉オフィシャルサイト

    伊藤直輝 (いとうなおき)

    伊藤直輝
    • 京都出身のシンガーソングライター。2001年よりZAIとして活動を開始し人気を博す。2011年より伊藤直輝として活動。現在は京都を中心にライブハウスで精力的に活動。 弱さや力強さ、怪しさや明るさ、優しさや激しさ、様々な顔を見せる歌声からは魂が宿っているのを感じさせる。
    • URL : Naoki Ito website

    岡村 聡士 (おかむら さとし)

    岡村聡士
    • 沖縄出身のシンガーソングライター。現在、東京を中心に活動中。藤井フミヤ氏・藤井尚之氏への楽曲提供など、作曲家・作詞家としても活動。
      「三線」「島唄」「新曲」のコンテスト“S-1グランプリ♪2008”で「作曲賞」を受賞
      「三線」「島唄」「新曲」のコンテスト“S-1グランプリ♪2010”にてグランプリ(最優秀賞)を受賞(楽曲「どぅまんぐぃばい」)。翌日の沖縄地元紙・琉球新報にも掲載される。
      「沖縄国際アジア音楽祭 musix2010」アウトドアステージ出演
    • 代表曲:「わんにまかちょーけ!」「どぅまんぐぃばい」など
    • URL : 岡村聡士 Official Web Site「UnderC.C.Studio」

    カイマナふぁみりー

    カイマナふぁみりー
    • 家族5人のファミリーバンド。♪仲良く元気に音楽を頑張っている。特にお子様達3人のギターテクニックは特筆モノ!素晴らしいにつきる。関西初公演がなんとWaoya!!。
    • URL : カイマナふぁみりー 家族で楽しく音楽を!

    Kackey@dabigtree (かっきー・あっと・だ・びっぐとぅりー)

    Kackey@dabigtree
    • 太陽の塔がそびえる大阪は千里出身。アフリカのパーカッション:Djembe(ジャンベ) を叩きながら唄うシンガーソングライター。ソウル、ゴルペル、沖縄、ジャマイカ、などの島々の影響を受けつつ土、海、風、太陽を感じさせる 音楽を展開。
    • URL : Kackey@dabigtree Official Web Site

    城戸ヒロカズ(きどひrこかず)

    城戸ヒロカズ
    • 1987年1月6日生まれ。中学2年の時、吹奏楽部に入部しトランペットを担当されたことが、音楽との出会い。
      20歳頃からギターと出会い作詞作曲を始め、22歳の時にライブハウスに出演。京都を中心に、ライブハウスでのライブとストリートライブを積極的に行うようになった。現在は、応援歌や、価値観、自身の恋愛観などをポップスで表現している。
    URL:城戸ヒロカズblog『どんなときも、心に花を。』

    喜納吏一 (きなりいち)

    喜納吏一
    • 沖縄を中心に活躍する唄者。祖父の影響で幼少より三線開始。県立芸術大学で唄三線を学ぶ。野村流音楽協会教師。ユネスコ世界遺産に登録された「組踊」伝統継承の為に養成された、国立劇場沖縄第二期組踊研修修了生。 伝統を未来につなぐ若手ホープ。

    工藤忠幸(くどう ただゆき)

    工藤忠幸
    • シンガーソングライター、札幌ススキノBOSTON CLUBオーナー。1974年ふきのとうの「白い冬」の作詞。1978年にCBS SONYから「遠い漁り火」でデビュー。
      yosakoiソーラン祭りの作曲や編曲。ワオドリソーラン公式テーマソングの「ワオドリおどろうよ」など制作。
      1994年に「MOON FISH」レーベル設立。現在もニューアルバムを制作中です。「ふきのとう」の山木康世とのユニット「GREEN」で1997年に「夕暮れのシャンツェ/白い冬」を制作。
      新札幌ドラマシティ(FM77.6MHz札幌)で毎週火曜日17時からラジオ番組「なまらさっぽろ」放送中。
      2009年5月ニューアルバム「白い冬」を制作。全国でのLIVE活動を展開中。
    URL:工藤忠幸(kudochew)の Official Web Site

    Cojaco(こじゃこ)

    Cojaco
    • 本名:古謝貴子  那覇市生まれ浦添育ち。7人姉妹の6女。幼い頃から歌うことが大好きでした。20代後半にプロデューサーのKAWORUと出会ったことが切っ掛けで音楽の世界へ。ソロユニットPiece of moonを経て現在Cojacoとして活動する。オリオンビール「いちばん桜」や大手旅行社「美ら島センチュリーRUN」「アスクル」「HABA化粧品」のCMソングをはじめ多くのCMソング・テーマソングを歌う実力派人気アーティスト。
    URL:Cojaco official Web Site

    小林成芳 (こばやし なるよし)

    小林成芳
    • 奄美民謡からPOPSまでこなす!独特の高音域が最大の魅力!奄美の竹バチさばきは一見の価値有り!カンヌ映画祭にも出演のホンモノ唄者。ミヤギマモルプロデュースのアルバムは好評!Waoyaが奄美に変わります。
    URL:http://nariyoshi.com/

    佐々木清次 (ささき せいじ)

    佐々木清次
    • 京都平安高校卒業。 硬式野球部に3年間在籍。甲子園を目指すが、夢を果たせず。卒業後、社会人野球からの誘いを断り、ライブ活動を始める。絶妙なトークと甘い歌声で、確実に動員を増やし、23才の時にKBS京都ラジオのレギュラー番組を3年間務める。
      その後も、関西を中心としたライブ活動、イベントライブへの出演を続ける。
      シングル「いのち」がCDショップJEUGIA全店で1位に輝くオリコンインディーズ部門で17位。
    • 代表曲:「負けてたまるか」「いのち」など
    • URL : OFFICIAL WEB SITE SEIJI.FORK

    ジェームス西田(じぇーむすにしだ)Ex.古時計

    ジェームス西田(Ex.古時計)
    • 昭和51年(1976年)「古時計」としてテイチクレコードよりデビュー。デビュー曲「ロードショー」は60万枚を超える爆発的なヒット。続くセカンドシングル「季節はずれの走馬燈」はドラマ「ひまわりの道」(NTV系)の主題歌として使用。30年以上のブランクの後、 2007年4月、ソロアーティスト「ジェームス西田」として、元オフコース鈴木康博のコーラス・アレンジによるシングル「君だけにこの愛を」をリリースし、再デビュー。 2008年4月、「古時計」時代の代表曲「ロードショー」のNEWバージョンを含む、ソロ1stアルバム「LOVERS」をリリース。 2010年2月に2ndアルバム「I LOVE YOU」、同年12月には3rdアルバム「ABRACADABRA」をリリース。
    •  URL :ジェームス西田オフィシャルサイト

    Joker Rabbit(じょーかーらびっと)

    Joker Rabbit
    • 2008年5月から音楽活動を開始した京都府出身シンガーソングライターの安田雄介と、京都の大学を経てそのまま関西で様々なバンドやユニットでの音楽活動を続けていた福島県出身ギタリストの白田将悟によるユニット「ジョーカーラビット」。
      2010 年に安田雄介がSILVER WINGSで130人を動員した初のワンマンライブに、兼ねてより知り合いであった白田将悟がサポートギターとして参加したのが始まり。2011年5月、正式にユニットを結成。
    • URL : Joker Rabbit オフィシャルサイト

    ジョニー宜野湾(じょにーぎのわん)

    ジョニー宜野湾
    • 沖縄県宜野湾市出身の歌手。沖縄県で音楽活動をするアコースティク中心の自称「県産品歌手」。元、ハートビーツのギタリスト。2010年前後からステージではウクレレをよく演奏している。CD、アルバムなどの発売はすべて自主レーベルからのリリースであるが、活動は沖縄県ではメジャー級である。ヒット曲として「うりひゃあでいじなとん」「一本道」「具志堅用高の唄」などがある。 中でも「一本道」は同郷のプロボクサー平仲信敏が最後の試合となったコウジ有沢戦で入場テーマとして使用し、阪神タイガースの投手福原忍選手が2008年度から入場テーマとして採用している。また、沖縄県ローカルのCMに多数出演しており、コミカルなCMが多いことから、全国放送での地方コマーシャル紹介番組でもよく取り上げられる。 釣具店のコマーシャルが代表的なもの。2004年から「わした静岡店」のTVCMにも出演、CMソングは親しみやすく静岡県内でも認知度は高い。
    • URL : ジョニー宜野湾 Home Page - Page ON

    城間竜太(しろま りゅうた)

    城間竜太
    • 沖縄県東村出身。 幼少の頃から沖縄音楽に興味を持ち、5歳のころ母親より三線を師事。 初舞台は東村つつじ祭り5歳のころ。 南風原高校在学中に、琉笛・胡弓・島太鼓などの琉球楽器も独学で学ぶ。 『沖縄の文化を次世代に』をモットーに、沖縄島唄に独自のバンドアレンジを加 えライブ活動を行う。 「城 間 竜 太」ソロとしての活動の傍ら、その他ミュージシャン(県内はもちろ ん、県外アーティスト・海外アーティスト)とのライブセッション、ライブサポ ート、レコーディングへの参加、楽曲提供・アレンジなど、県内外、多方面で活 動中。 年間のライブ数は約120本を越える。
    • URL : 城間竜太 ブログ

    白田将悟(しらた しょうご)

    白田将悟
    • 福島出身、京都在住のソングライター&ギタリスト。大学卒業後に様々なバンドやユニットで多くのステージを経験。現在はフリーランスミュージシャンとして、リスナーやクライアントのニーズに応じたライブ活動(ライブハウス、カフェ、商業施設、学園祭、食事会、企業のパーティ、ラジオ出演等)、アーティストや番組への楽曲提供、ギター講師、レコーディングエンジニア、イベント企画・制作等、幅広く活動中。
      「音楽をより身近に、楽しく」をモットーに、このように手段を選ばず各所で活躍中。
    • URL :Shogo Shirata Official Web Site

    瀬戸口正樹(せとぐち まさき)

    瀬戸口正樹
    • 78年1月16日生。98年からソロ活動を開始。00年より4枚のアルバムを発売。 全国のシンガーが集うオムニバスCD[沸点][沸点2]に参加。06年、初のコラボCD [ANOTHER ROAD]を発売。北海道を拠点にし、全国ツアーを周っている。「愛と日 常」をテーマに精力的に活動中!しゃがれた魅力的な声に優しい言葉をのせる彼 の唄は、幅広い客層に支持されている。人は彼を「魂の唄うたい」と呼ぶ。
    • URL : オフィシャルホームページ ギターと旅とスニーカー

    大五郎 (だいごろう)

    大五郎
    • 現在京都、名古屋、東京を中心に全国各地へと範囲を広げLIVEを展開。バンド時代にコンテストで賞を獲得。2002年夏からソロ活動を開始。ラジオ番組のパーソナリティも多数努める。
    • URL : 大五郎公式HP 心の扉
    • URL : 京都酔唄 Official Web Site

    大督 (だいとく)

    たなかきょう
    • 1985年京都生まれ。 大学のときよりライブハウスで歌うようになり、アメリカへ留学。オレゴン州ポートランドにて開催されたサタデーマーケットメインステージワンマンライブを経験。17歳から本格的に作り始めたオリジナル曲は150曲以上。 ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムの経験を持つマルチプレーヤーである。様々な音楽を取り入れたメロディーと自分にしか書けない歌詞と抜群の歌唱力を武器に関西を中心に東京、高知などで活動中。
    • 代表曲 : 「イースタンハリー」など
    • URL : 大督オフィシャルサイト

    タカハシナオト

    タカハシナオト
    • 新潟県生まれ 2005年頃から関西で路上やライブハウスを中心に音楽活動を始め、京都VOXホールでワンマンを成功させたのち2010年に念願だった故郷から発信するという夢を叶える為に帰郷地元音楽レーベルに所属しCDを二枚リリース。2013年自主音楽レーベル「吟遊Record」を立ち上げ同年10月に第一弾CDを発売し初の地元ホールでのワンマンを成功させる。
      現在日本各地年間100本を超えるライブ活動と調理師免許を持っており料理教室と音楽ライブ融合させたイベントも各地で展開中。その為食べ物の唄も数多くある。
    • URL : タカハシナオト公式ホームページ

    たっきゅうさん

    たっきゅうさん
    • 「たっきゅうさん」のジャグリングとバルーンは超本格派!だけどとってもお茶目なキャラクターで子供たちの笑顔が絶えない!。かつてキッズミュージカルに参加していたので、子供も大人も楽しめる笑いのツボをしっかりおさえていて、家族みんなで楽しめる!
      毎日放送「ちちんぷいぷい」をはじめとして、テレビで紹介されたこともある実力派コメディジャグラー。
    • URL :大道芸人たっきゅうさんの公式ブログ「芸人魂背負ってます」

    タケシィ

    タケシィ
    • コンサートで偶然耳にした三線の音色に魅せられ
      自分も三線を手にするようになる。その後、三線や沖縄音楽の素晴らしさを伝えるためにライヴ活動を始める。現在、東京や神奈川を中心に、東海、関西などで月十数本のライヴを展開中
      ミュージックスクール等で唄三線の講師としても沖縄音楽の裾野を広める活動もしている。
      ◆三線他賞歴◆
      2005年 八重山古典音楽コンクール三線の部 新人賞。2007年 八重山古典音楽コンクール三線の部 優秀賞。2008年 八重山古典音楽コンクール笛の部  新人賞。2009年 第五回湘南三線のど自慢大会 ユニーク賞。
    • URL :沖縄・唄三線ライブ「タケシィ」唄三線

    舘 恭介&トラッド・ソウル (たちきょうすけ&とらっどそうる)

    舘 恭介&トラッド・ソウル
    • 2010年“寅っ年にソウルフルな唄を!”という舘 恭介のLIVE活動30周年を期に、ノリと勢いだけで結成されたのが「トラッド・ソウル」
      シンプルな編成でありながらオリジナルからカバーまでジャンルを問わない変幻自在なアコースティックサウンドで新潟県内を中心に全国で活動中。
      曲を“ネタ”と呼び、基本コンセプトはNEWジャンル『ゆるエロ』を追求する。
    • URL : 舘 恭介&トラッド・ソウル オフィシャルサイト

    田所ヨシユキ (たどころよしゆき)

    田所ヨシユキ&あた
    • 唄三線担当の田所ヨシユキと島太鼓・パーカッション担当の“あた”による沖縄音楽系ユニット。「沖縄民謡はあくまで正統派、オリジナル楽曲は個性豊かに」がモットー。オリジナル島唄コンテスト「S-1グランプリ2008」でグランプリを獲得。
      沖縄各FM局でヘビーローテーション中の『足テビチの女』を始めバラエティ豊かな楽曲と取り揃えて元気が出る楽しいライブを精力的に行う。
    • 代表曲 : 「足テビチの女」など
    • URL : 田所ヨシユキ オフィシャルサイト「もの凄い幸」

    たなかきょう

    たなかきょう
    • 京都市出身。京都を中心に活動中。2005年から音楽活動を開始。自らひきこもりを経験、自分には生活する能力もない、「もうどうでも良い」と言う気持ちになっていた。しかし、もう一度、自分を信じてみよう。何も出来ないなら、一番やりたいことやってみようと思い。音楽に目覚め、「命」にこだわって生きていることの大切さを、伝えていこうと決意。
      ライブハウスでの活動を中心に、ひきこもり支援講演会での、公演、演奏なども、精力的に活動中。
    • URL : たなかきょう Official Web site

    THAMII (たみー)

    THAMII
    • 2008年100%DIYの作詞作曲演奏録音などすべてを一人で行った完全自主制作アルバム「BEACH SOUND」 流通すらしていないこのアルバムが世間に騒動を起こしはじめる。
      同年ライブ活動をスタート 現在もカフェバーからフェスまで全国で年間100本にのぼる大小様々なライブ活動を展開中。
    • URL : THAMII WEB SITE

    チャー絆(ちゃーはん)

    チャー絆
    • 2003年11月結成。
      アコースティックギターとキーボードからなる男女ツインボーカルデュオ。
      異色の二人から放つ力強い声や音は、空気間を切り裂く様に前へ出す。
      大阪を中心に全国展開するライブ活動はライブハウスだけではなく様々な場所で行い、年間約100本に及ぶ。
      これまでに4枚のアルバムをリリース。
    • URL :チャー絆 Official Web Site

     

    ツツミヤスロー

    ツツミヤスロー
    • 詩をつくり、曲を書き、ギターを弾いて歌って生きている。
      オートバイ乗り。しかし今はサイクリング車にはまっている。時に優しく時に力強いボーカルには定評がある。
    • URL : ツツミヤスローfacebook

     

    照照星 (てるてるぼうし)

    照照星
    • ハイトーンが特徴の真也のヴォーカルと、ロゥピッチを主にヴォーカル&ギターを務めるTuttiによるアコースティックデュオ。主に京都を中心に活動している。
      パワフルなヴォーカルと丸みのあるヴォーカルの心地よい歌声の重なりが会場を包み込みます。
    • URL : 照照星 OFFICIAL WEB SITE

     

    仲宗根充 (なかそね みつる)

    仲宗根 充
    • 八重山古典音楽安室流保存会師範 / 琉球民謡協会師範 / トゥバラーマ大会にて3回優勝
      平井堅氏にも三線を指南する沖縄民謡会の重鎮。
      「こまどり姉妹コンサート」や「平井堅コンサート」ゲスト出演。
    • 代表曲:「親子鷲の鳥」「うりずんの詩」など
    • URL : 沖縄観光 島唄タクシー

    新田開山 (にったかいざん)

    新田天秀
    • 独特の音をもつ三線を奏でる沖永良部出身の三線奏者&ボーカル「新田天秀」。民謡からポップスまであらゆる曲を三線で奏でる。透き通った歌声と熟練の三線演奏で聞くものの心をつかんで離さない。関西のライブハウスなどで精力的に活動中。
    • URL :ヤーグニャのホームページ

    間 慎太郎(はざましんたろう)

    間慎太郎
    • シンガーソングライター 1981.3/27間寛平氏の息子として大阪府に生まれる。AB型
      学生時代より路上ライヴやバンドを通じて音楽活動を開始。
      そのパフォーマンスは、ギター1本のアコースティックスタイルからバンドスタイルまで柔軟。
      音楽活動以外にもバラエティ番組出演や俳優もこなすなど、マルチな才能が高く評価されている。。
    • URL : Shintaro Hazama Official

    ハニィ (はにぃ)

    ハニィ
    • 宇治市出身。大阪・天満を中心にのんびり弾き語るミニギター路上人。口ずさみやすい曲、聴きやすい曲をテーマに、ゆるい曲を作る。路上ライブが好き。オリジナル約120曲のうち即興でできた曲が半数を占める、気分屋のんびり路上人。基本姿勢は、笑顔とステップ。歌の途中にもしゃべる。笑う。「まいど。」で始まり、「おおきに。」で終わる
    • URL : ミニギター路上人ハニィ official website

    ハルトラ

    ハルトラ
    • 福岡でアイドル&モデルとしても活動していた、温かく艶のある声を操るヴォーカリストの陽香(haruka)、私生活も、ステージの上でも超ド変態のギターリスト Ya' mangelo(ヤマンゲロ)の2人からなるポップスデュオ。2人はLAで知り合い、帰国後2008年5月バンド結成に至る。2009年3月にカーペンターズのカバーでユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを果たし、iTunesやレコチョクで特集され大好評を得る。
    • URL : ハルトラオフィシャルページ

    BBB featuring ChizuRu (びーびーびー ふゅーちゃりんぐ ちづる)

    ChizuRu
    • ギター・ベース・パーカッションのバックバンド「BBB」にヴォーカル「ChizuRu(チヅル)」が加わり、2007年より活動開始。
      沖縄の人や歌との出会いの中で「思いの文化」や「おもてなしの心」を学び、 それを活かせるステージを心掛けながら、関西を中心に活動中。 心に残る昭和の歌や、沖縄音楽を自分達なりのアレンジで。 又、ChizuRu自身のオリジナル曲も、言葉や響きを大切に演奏している。
    • URL : BBB featuring ChizuRu サイト
    • URL : ChizuRu(チヅル)のホームページ

    hikari雅-Bp (ひかりがびーぴー)

    hikari雅-Bp
    • 2009年1月、ギター・楽曲担当である小泉雅之が(Vo.)MITSUに声を掛け結成したユニット。
      自身を「職人」と称する小泉の、感情移入を誘うリアルな歌詞と、心と耳に残るキャッチーなメロディを、 ときに熱く、ときに優しくMITSUが歌い上げる。
    • URL : hikari雅-Bp Official Web site

    Hitoshi (ひとし)

    Hitoshi
    • 1972年 2/15 沖縄市 生まれ。
      12歳で GuiterとBlues Harpを独学で身に付け音楽に夢中になる。
      おもに弾き語りが中心で、高校生の頃 教室を借りきっての単独ライブが 初めて人前で唄う キッカケとなる。
      手さぐりで 自分の音楽を追求するうちに やがてデルタBlues.ラグタイム.Jazz.ゴスペル音楽に出会い以来その奥深さの虜になる。
      心の奥底から絞り出す その独特な唄い方には定評が高く、現在、県内外の ライブハウスやストリートなどで活動中。
    • URL : Hitoshi & Arita

    hiroshi (ひろし)

    hiroshi
    • 京都出身の熱い魂を持ったソウルシンガー。「口先で歌うんじゃない!魂で歌うんだ!」 この言葉が彼を表現する最高の言葉。 現在様々なライブハウスで活動をし、その圧倒的なライブパフォーマンスで人気を博している。
      厳しい時代を切り裂く彼の歌声が、今!響きわたる!
    • URL : hiroshi official Web site

    bingo (びんご)

    bingo
    • ボーカル/ギター/ハープ/パーカッション弾き語りをおこなう。
      神戸、大阪、京都などのさまざまなライブハウスやバー、イベントなどで精力的に活動中。
      軽快なリズムと、引き込まれるステージトークのパフォーマンスで魅せる。
    • URL : bingoだぜ

    福井コウダイ(ふくいこうだい)

    福井コウダイ
    • 福井コウダイ 鳥取県鳥取市出身。山川のりを氏の誘いにより 上京。家もなかったのでex.忌野清郎&23'sのギタリスト山川のりを(現ギターパンダ)のローディーとして一緒に全国を旅する。2006年ロックバンドドカンズ結成。福井コウダイ、カヲル、UNEを含めた4人でドカンズ結成。2007年12月5日  SEEZ RECORDSと契約。近年野外フェスの嵐と騒がれるBAWDIESとレーベルメイト。ファーストフルアルバム DOCANS×DOCANS 全国発売 SEEZ RECORDS、フジパシフィック音楽出版協力によりプロデューサーに。山川ノリヲ氏 を迎え、1stフルアルバム「DOCANS×DOCANS」発表。
    • URL :福井コウダイのブログ 放浪日記

    藤田洋平(ふじたようへい)

    藤田洋平
    • 1981年広島県広島市生まれ。幼少からピアノ、合唱を習いギターは高校から始める。20歳くらいに70年代フォークの歌詞に魅了され自分の歌を作り始める。24歳くらいから広島市内で歌い始め、自主製作CD 1st『平成フォーク』2nd『天満川ブルームーン』を発表。この2枚のアルバムは各ライブ会場でのみ絶賛手売り販売中。
    • URL :藤田洋平のボンクラ日記

    ふらっと♭

    ふらっと♭
    • 2009年 11月3日ふらっと♭」結成。元々、ソロ活動をしていた二人がお互いの声と曲に惚れ込み結成した。
      2010年 京都さくらよさこい」テーマソング決定。同4月テーマソング「春に咲く君へ」を含むファーストミニアルバム「ふらっと♭」発売。2nd CD「あなたへ」 発売。2011年 「京の旅人」公開オーディションにて“オーディエンス賞”を受賞!! 1stフルアルバム「伝えたい言葉」発売。
    • URL :ふらっと♭オフィシャル

    Blues Ceese(ぶるーずちーず)

    Blues Ceese
    • ギター 脇秀樹と三線&パーカッション ハヤシツトムの二人のユニット。独特の世界観を醸し出す曲作りと歌には定常がある。
      風呂敷の歌は、FM京都賞受賞。
    URL:Blues Ceese林努Facebook

    本間敏之 (ほんま としゆき) Ex.THE 虎舞竜

    本間敏之
    • 静岡県静岡市清水区(旧清水市)出身のアーティスト。THE 虎舞竜のキーボードを担当する傍ら、インストユニット、蝦馬(EBIUMA)としても活躍。現在はインディーズシーンでライブ活動をしている。また、アーティスト活動以外に新人プロデュース、作曲、ギター、キーボード、ピアノアレンジのレッスンも行っている。
    URL:本間 敏之Facebook

    前田和亮(まえだかずあき)

    前田和亮(まえだかずあき)
    • 一生懸命に生きる男子の日常をナイーブに切り取り、ストレートな歌声で全国に届ける、旅するシンガーソングライター。聴く者の心を包み込むようなボーカルだけではなく、グルーヴィーかつ繊細なギターの腕前にも定評がある。またプライベートでは、コーヒー好きが高じてバリスタとしての顔も持つ。
      2012年より年間100本以上のライブを行い、2014年8月にはファーストアルバム「幸福フォトグラフ」をリリース、全国ツアーも決行!
    URL:Maeda Kazuaki Official Website

    松濱正樹 (まつはま まさき)

    正樹
    • 兵庫出身のシンガーソングライター。97年路傍の創造家集団「ROOTS」の旗揚げに参加。旅する唄うたいとして全国各地で年間200本のライブ活動を続ける。3枚のアルバムを制作。国内有名アーティストとの共演多数。
    URL:「君に唄を」松濱正樹オフィシャルブログ

    MITSU (みつ)

    MITSU
    • 京都を拠点にシンガーソングライター・ラジオパーソナリティとして活躍する京都府宇治市出身のアーティスト。ソロ活動の他に和製ロックバンドComing音都131のボーカルを担当。和束町PR大使も務める。毎週月曜日22時よりfm GIGにて「MITSUのホットライン」を放送中。
    • 代表曲:「花火」(故郷 宇治市を歌った曲)など
    • URL : MITSU Official Web site

    ミヤギマモル

    ミヤギマモル
    • 石垣島登野城出身。12年のサラリーマンを経験し、音楽の世界に入る。会社員時代に作曲した「やいま」が地元航空貨物会社のコマーシャルに起用されて注目を集める。1998年2月初のアルバム「やいま」でインディーズデビュー。平成12年歌手千昌夫が平成25年THE BOOMが「やいま」をカバーする。
      平成14年放送のNHKドラマ「ちゅらさんA」のエンディングテーマ「琉球ムーン」の作曲を担当し、その年の
      NHK歌謡コンサートに出演。夏川りみ(愛のチカラ)や上沼恵美子(泡盛心中)の楽曲提供で話題となる。
    • URL:〜ミヤギ マモル Official Homepage〜

    宮城雄大 (みやぎゆうた)

    宮城雄大
    • 奈良の「てぃだ花会」からやってきた若手唄者(うたしゃ)。独特の演奏方法は見る者を惹きつけます。
      過去に兵庫で行われた「とぅばらーま大会」に出場した経歴も持つ。
      三線だけではなく二胡(にこ)の演奏でも魅せる!
    • URL : Yahoo!ブログ - 泡盛 ☆ 三線 ☆ てぃだ花会

    むんむ

    むんむ
    • 大阪出身のシンガーソングライター。ラジオのパーソナリティをつとめるなど、ジャンルやスタイルにこだわらず 精力的に活動中。 パワフルな歌声、力強いサウンド、日常を綴った歌詞、人間臭さを共感できる女性アーティスト。
      2012年 新世界100周年で誕生したゆるキャラ『くしたん』のテーマソングに抜擢『キラキラ☆くしたん』最優秀賞を受賞。
    • URL : むんむのホームページ

    安田 仁 (やすだひとし)

    安田 仁
    • 京都を中心に活動するミュージシャン。「”残る”音楽を作る」「なんでもありのポップス」「作り手と聴き手の境界線を探す」という基本コンセプトを持ち、ソングライティングとライヴ活動を続ける。歌、ギター、ベース、キーボードなどほとんどの楽器をプレイするため一人でレコーディングを完結させる手法=多重録音を得意とし、サウンドは一つに拘らず様々な音楽ジャンルを取り入れながら「遊び心」のある曲、歌詞、アレンジでポップな音楽を制作し高い評価を得る。同時にライヴハウスに出演しギターやピアノの弾き語りによるライヴ活動も行う。
    • URL :安田仁オフィシャル・ホームページ

    安田雄介 (やすだゆうすけ)

    安田雄介
    • 日本語の響きを大切にし、切なくても悲しい哀愁感の漂うメロディーでありながらも、大衆性を求めた曲作りを追求し、その音楽性に自ら『哀愁ポップ』と銘打つ。
    • 代表曲:「栞」「Teardrop」など
    • URL : YUSUKE YASUDA Official Web site

    やもと問唔(やもともんご)

    やもと問唔
    • 1971年8月11日埼玉生まれ。本名:春野智哉(はるの・ともや)0歳8ヶ月から16歳まで千葉で育つ。ウェールズ(イギリス)での2年間の高校生活を経て1991年に大学進学の為、博多(福岡県福岡市)に移り住む。同年8月福岡市中央区天神のライブハウスで週一レギュラー出演の形で演奏活動を開始。''97年中国雲南省を旅行中、バスのエンジン爆発事故に遭遇し両眼など負傷するも創作・演奏活動への意欲を新たにする。これまでに6枚のアルバムを発表し、現在は全国各地ライブバーやイベント等で演奏。'09年、漸く5回目の改名で現在の「やもと問唔」に落ち着く。
    • URL : 歌う物体 やもと問唔

    ヨウヘイ (ようへい)

    ヨウヘイ
    • 京都出身。大学に在学中、ギターを担いで日本中を旅し、たどり着いた沖縄で、音楽を始めることを決意。
      ライブでのスタイルはギターやピアノ、三線による弾き語りがメイン。 音源では、アコースティックサウンドはもちろん、激しいロックサウンド、 打ち込みによるアレンジなど、幅広いジャンルを網羅している。
      190cmを超える巨体からは想像出来ない程、柔らかな歌声を発し、日常の何気ないワンシーンを切り取ったかのような歌詞と心に染みるメロディは、多くの人の胸に強く響く。
    • URL : ヨウヘイ OFFICIAL SITE

    養老彌助(ようろうやすけ)

    養老彌助
    • 中川イサト氏に師事し、ジャズ・ギターアレンジコースを修得。1993年よりシンガーソングライターとして、音楽活動を本格的に開始。帝塚山音楽祭、読売テレビ<愛は地球を救う>等のイベントに出演。九州・沖縄ツアー、北海道ツアーと、アコースティックギター1本による弾き語りでライブ活動を精力的に全国展開。
    • URL : 養老屋支店

    横目兄弟(よこめきょうだい)

    横目兄弟
    • 横目大通と大哉沖縄那覇を中心に活動する兄弟島唄ユニット。芸能の島といわれる八重山諸島の中でも、うたどころとして知られる石垣島の白保に生まれる。幼少の頃に、八重山民謡の継承者である両親に導かれ唄の道を歩み始める。その後、琉球古典音楽を学び、民謡と古典音楽の両翼から「聴く人の心に伝わる唄者」を目指し、憧れの唄と音楽を追い求めている。
    • URL : 横目兄弟島唄紀行

    よんぼ(市川善光)Ex.とんぼちゃん

    よんぼ(Ex.とんぼちゃん)
    • 1972年「とんぼちゃん」結成。1974年、全国フォーク音楽祭にて「生活」で準優勝、作曲賞を受賞し、「貝がらの秘密」でデビュー。
      1977年 グループ名を「とんぼ」に改名。1982年6月13日のラストコンサートにて解散、「よんぼ」としてソロ活動を開始。現在も全国で精力的にライブ活動を展開。
    • URL : 満天の星の下で

    月歌(るか)

    月歌(るか)
    • 淡路島出身のシンガーソングライター。情けウタと称される、個性的な楽曲&歌い方は、まるで心の深い部分を覗かれているような錯覚に陥ります。
      三年間の休止期間を経て、オリジナル曲に沖縄音楽も交え、2012年12月カムバック。
      休止前は、車椅子バスケットボール“チームWeB”のテーマソングを制作したり、24時間テレビ京都会場にも出演。
    • URL : 月歌オフィシャルサイト

    0774-39-8634

ライブスケジュールはコチラ

PDF版 3月ライブスケジュールはコチラ